忍者ブログ
u1skyの美少女ゲームレビュー
エロゲー、ギャルゲー等と呼ばれる美少女ゲームのレビューブログ。 自作DWIも公開してます。
『シキガミ』を応援しています!
このブログは『シキガミ』を全力応援しています。
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


全ルート完了、CG・回想回収100%
総時間 18時間

総合 8
キャラクター 8 音楽 6 シナリオ 9 システム 9

++キャラクター
俺的キャラクター順位
愛理>ゆい>凪沙>佳織

有栖川みや美さんとかわしまりのさん、青山ゆかり嬢と好きな声優陣が多く
ケニーは勝平氏という事で少しニヤリとしてしまう。
確定的な属性はないものの個性的な性格をしているキャラクターばかりでなおかつ、他のキャラクターを殺さない程度のアクの強さ。
こういうのを絶妙の塩梅というのかな?
古川ゆいのCVが青山ゆかり嬢なんだが、声色がいつものゆかり嬢っぽくなくて新鮮。


++音楽
BGM28曲、Vo曲3曲。
橋本みゆき氏の∞未来はとても良い歌だと思う。
耳に残るし、その曲のアレンジBGMがゲーム内で随所に流れるのでかなり頭に残った。
マイナスポイントとしてアレンジBGMが多くてBGMに新鮮さが少しかけてしまっているかと。
一辺倒のBGMになってしまっているためBGM数がおのずと少なく感じてしまう。


++システム
設定事項は基本的な物が備わっているが多くはない。
ただしプレイに支障はないかと。

立ち絵はまばたきやセリフ時の口パク等アニメーションが豊富で印象がグッとアップしていて良い。
選択肢スキップも良好でプレイはすこぶる快調。ただしアイコン化して欲しかったかなという要望はある。

攻略キャラ順は全て固定です。
一人クリアするとanother√のための選択肢が増えるようになっている。


++シナリオ
純愛学園物+SFという感じだろうか。
純愛色が強い中にタイトルである失われた未来を求めてを上手く絡めたシーンを最後に入れこんでいる所からSFの部分を上手く融合していると思う。
SF色が強すぎるとご都合主義やシナリオが右往左往して分かりづらくなる所を丁度良い塩梅で融合しているのが良かった。
基本的にはヒロインである佳織の事故を防ぐための因果関係をぶち壊すという事がメインになっている。
はたして主人公たちは時空のループの輪を断ち切り明るい未来を掴み取れるのか!?という所が見所。
実質ヒロイン達一人ひとりに対するシナリオ量は少ないが全体的な構成が大きくて総合プレイ時間が多くなっている。
そのため攻略完了時に味わう短さよりも満腹感があり凄くよく出来ているというのが感想。
ちょっと不思議な純愛物が好きな人には是非プレイしてもらいたい作品である。
ゆい√は結構グッとくる。

PR
正直に面白かった。
本編で書いて欲しかった統合後の話がフンダンにあってとても満足です。
が…どうせならファルコン時の学園生活をとてもとてもとても描いて欲しかった…

一応

全クリ、CG・シーン回収100%
プレイ総時間10時間程度

総評7
キャラクター 8 音楽 6 シナリオ 7 システム 7

音楽とシナリオ以外は前回と変わらず…な感じで。
音楽はまぁファンディスクな感じなんで少ない事は仕方ないけどやっぱり物足りなさを感じてしまった。
シナリオに関して言えばこれしかないよね…

コーダイン√出せやあああああああ
まぁAfter Storyだから出せないのは分かるけどやっぱりなんていうか見たかった…

全クリア。CG、回想100%回収
プレイ時間 15時間

総評 8
キャラクター 6 音楽 9 シナリオ 8 システム 7

++キャラクター
俺的キャラクター順位
なし

ただCV陣が豪華だねw
ほとんど一癖も二癖もあるキャラクターばかりで一言では語れない物ばかり。
順位はないけれど一番のお気に入りは巴です。

++音楽
今作は音楽もかなりボリューミーで大満足です。
BGMはまぁ邪魔な感じもなく雰囲気を引き立てていたとは思いますが何よりもボーカル曲!
一つの作品に複数存在する上に歌い手も豊富で楽しめます。
こういうのはスマガ以来ですかね?
まぁ自分の好きなDucaさんの曲もありOPのCausal Chainもカッコよくて素晴らしい出来でした!

++システム
まぁ可もなく不可もなくと言った所でしょうか?
ゲーム性は全くないですが読み解くだけなんで特にこれといったバグもなかったと思います。
問題があるとすれば章選択部分でセーブをしていないともう一度プロローグを見なくてはいけないという部分でしょうか?さすがにその二度手間は避けれるようにしてもよかったのでは?とは思った。

++シナリオ
音楽と双璧をなしてとてもよかったと思えるのはシナリオ。今作ではほとんどHPの情報を知らないままプレイしていたんで最初普通の学園物かな?と思ってプレイしててOPムービーで学園バトル物か?と思ったと思えばプレイしていたら異世界も混じるSF物だったしさらにもっと進めると時を越えた壮大なストーリーなわけで…
色々あっちいったりこっちいったりと良い意味で予想を裏切るシナリオになっていてとても楽しくプレイできたと思う。
無駄に変な単語を作ってるわけでもなく難しくしてるわけでもなく単純に楽しめたかなと。

また主人公の能力もありきたりでなくよくストーリーと絡めるようによく考えられた能力でとてもよかったと思う。
少し熱血直情的な性格が微妙かと最初は思ったけどしっかり策略も巡らす好きな主人公で満足です。

全クリア。CG、回想100%回収
プレイ時間 30時間

総評 8
キャラクター 9 音楽 8 シナリオ 7 システム 7


++キャラクター
俺的キャラクター順位
薫>清美>麗華>萌>ツキ>彩>朱美>舞>杏子>妙>楓>鏡花>その他

3部全部のキャラ順位を出してみた。
本当はツキはもっと上でもいいんだけどキャラ萌え重視にしたらこんな感じ。
ただ暁の護衛の面白さを出しているキャラクターだけでいうとツキと尊。それだけは満場一致だろう。

絵は綺麗で万人受けしそうな感じ。実際俺も結構好き。
キャラクターの個性があり、それぞれが上手く絡み合っていて抜群。


++音楽
1部、2部の音楽は通常BGMはとてもよく、違和感もない。
そのゲームの雰囲気を壊すことなく盛り上げている。ただボーカル曲が微妙。
3部目に開眼。ボーカル曲もよく、特に禁止区域√に入る時に流れるボーカル曲は最高。


++システム
あかべぇシステム。うん、穴はないけど選択肢までのスキップの意味のなさは相変わらず。
本当に選択肢までズバッと飛んでくれればいいのに…


++シナリオ
うん。全部を通すととても良いシナリオ。
というのもギャグがとにかく抜群に笑える。
ただいざシリアス系に入ると穴が多い。
面白いのは面白いのだが何かが足りないという感じがとても強い。
なんかスッキリしないという気持ち悪さが残る。
ただギャグは随一に面白いので買いかどうかと聞かれると買いである。


今回はとても長い反転テキストで↓

宮川清美√

何も考えずに選択肢を選んでいたらこの√に。
結局屋敷を追い出されて居候→協力要請でそのままなしくずしに事件解決。
冒頭にあったヘリの話なんか一切出てこない上にまったく関係ない。
ん~?せめて冒頭の話にどっかしらあわせようよ?と思ってしまう。
そして薫を連れ戻したはずなのに結局それから出てこない。なんのための話だったの?
宮川姉のはずなのに尊の登場も少ない。亮の話もあいまいすぎてどっか行ってる。
五十嵐の話は出てきてCGも出てくるが今ひとつなんなのかが掴めない。
とにかく肩透かし。
ただ清美は可愛い。とにかく可愛い。キャラ萌えはかなりする。
まぁ俺の年上スキーが発動したからだけかもしれないけどw


柊朱美√

ようやく謎の女教師の謎が解けた?のか?w
まぁ途中から話が読めてしまったのは悲しいかな。
どっちにしろやはり冒頭のヘリ突っ込みの部分が薄い。
清美√に比べヘリが突っ込んだ描写はあるものの特にこれといった事もなし。
ただ亮とアキラが別人である事をほのめかす描写があったので違う√に期待。
シナリオのレベルとしては清美√よりも上だが萌え度は激下がり。
ってか海斗…銃は使っちゃあかんやろw

麗華√(BAD)

終わった瞬間「え?何それw」とw
どこかで選択肢間違えたのかと思ってやりなおすも同じ結果に。
なるほど…これは恐らくフラグが足りないんだなと。
ただ雅樹が生きていたのは公式のグラで分かっちゃったてたようなw
あれなかったらマジか!って思ったのに勿体無い。
しかし麗華守れなかったという後に相馬にやられるっていうのは現実味ないなぁ。
まぁTRUE ENDに期待


薫√

うん、正直萌え死した。
シナリオの後半のストーリーは麗華√の途中まで一緒だったのでどうでもよかった感があった。
でも薫自体に萌え死した。
雅樹と相馬が全く意味なく終わり。
真実はまだまだ先かな?う~ん。


詩音√

何それ?w
なんでこんな√が存在するのかがよく分からんです。


麗華√

ん?雅樹と海斗の共闘?
殺し合いしようよ…
BADと変わった所はあったものの特に面白い見せ場もなし。


禁止区域√

面白かった。もう少しどうにかならなかったのかな?とは思うものの表の世界√よりはシリアス部分が強く、またストーリーとして面白かった。
加奈子の話をもっと強く出してくれたらよかったのに…


小春√作ってくれよぅぅぅぅぅ

全√クリア。CG・回想回収90% 栞のHシーン未回収
プレイ時間 30時間

総評 7
キャラクター 6 音楽 6 シナリオ 8 システム 7

++キャラクター
俺的キャラクター順位
特になし

魅力的と思われるキャラがあまりいない…
ゆかはヤンデレ一歩手前、というより最後の方ヤンデレ化はある意味したけどw
なんか萌えとしてのキャラが一人もいないのでどう評価してよいのやら…
あるいみ貴久と喫茶店のマスターがよかったような気がするようなw

++音楽
まぁこれといった印象があるかといわれると微妙だなぁ…
いい!といった印象はないが違和感があったわけではなく悪い印象もない。
雰囲気にはとけこんでいたと思うけどこれといった魅力があるかといわれると…
う~ん

++システム
クロスビジョンシステムは面白かった。
その時の仲間の動き、ストーリーを見るという点はありかなぁと。
ただ実際のクロスビジョンはその一つ一つの区切りまでしか読む事が出来ないのでメインの選択肢が出ずに普通のロードからしかはじめる事が出来ないのが残念。まぁフラグがあるのでソコは仕方ないのかなぁとも思うけど。
クロスビジョンをもっと増やせばもっと面白かったのに…という希望はあった。

++シナリオ
内容は濃かったかなぁと思う。
特の方に主人公がこの世界のなぞを解き明かそうとしてる所はよかったと思う。
さすがにそれを読みとるのは無理だったしなぁw
ただ話しの中の根源というか根元にある感情、どうしてそうなったかという部分に関してはまぁよくある物語だなぁと言わざるを得ないとは思うけど。


以下反転

平行世界とかその重なりがどうとかいう部分に関してはよくある話だけどそれがごっちゃごっちゃになって赤い夜と現実と思っていたのが実は現実ではなくてどうたらっていう流れはよかったと思う。
貴久が死ぬのがデフォルトっていうのが少し気に入らないけど。
アイオンの眼がガッツリ開放した時の強さは見事だけどそれまでの主人公が微妙に弱くて少しなんかなぁみたいな気持ちにはなった。
っていうか菊理の真の能力恐ろしいな…

とりあえず今回はレビューというより途中経過的に行こうと思う。

というのも暁の護衛は三部作構成っぽいんで次に出る「罪深き終末論」をやってから
全体でレビューを書く事にする。

++キャラクター
過去に何かあるが周囲にそれを隠している朝霧海斗が主人公で護衛見習いみたいな感じ
んでその護衛の主みたいなのをプリンシパルと呼ぶみたい。
主人公は超絶強い主人公でまぁ主人公補正みたいなもんだわ~ね。

の割りにそういうバトルシーンが少ない。一番最初と妙の時くらい。しかも結構あっさりしてるな。
後は薫と尊とあるくらいで…
もっとバトルシーン欲しいね。まぁ燃えゲーというより萌えの要素が強いっぽい。
ヒロインのキャラも立ってて絵もかわいらしくいい感じ

謎のキャラも多い。まずは担任の女教師。これは怪しい。
罪深き終末論でメインに上ってきてるから攻略出来そうな予感
次は薫か。一応地味に√は存在したがまだまだ消化不良。
薫も次の作品で攻略√が存在しそうな感じ

++音楽
まぁまぁだな。ボーカル曲は可もなく不可もなくといった感じだったし。
特に語れる部分があるかといわれると微妙

++システム
まぁあかべぇシステム。選択肢はそこそこあるがそこまで悩まずともたどり着けるはずなんでセーブ数は問題なし。
選択肢までスキップの機能がただ単に未読の部分もスキップするだけみたいになってる。
あまり意味をなしてない

++シナリオ
恐ろしい程のギャグゲーになってる気がする。とりあえず尊とツキの存在があって成り立ってる気がする。
主人公は突っ込みもボケもこなすおそろしいオールラウンダーな感じ。
とりあえず言えるのはファンディスクの杏子√
これはファンディスクに挿入する話か?結構話の核になる気がするんだけど…
ぶっちゃけ全体を通してこの話が一番面白かったししっかりしてた。
まぁ親父を殺すシーンはアッサリしすぎてたけど…
後は謎の女の子?の存在とアキラだな。次作でこの謎が明らかになるのか否か…
ただ次作にこのキャラを出すとファンディスクプレイ必須になるし微妙かもしれんが
ただただ次作を待つのみ。でないと判断が難しい作品という事だぬ
全ルートクリア。CG回収率(山科90%)他100%
総時間15時間

総合 8
キャラクター 8 音楽 8 シナリオ 8 システム 7


++キャラクター
俺的キャラクター順位
日和子>鳴>明日香>山科>小鳩

俺的主人公人格順位
ファルコン>イーグル>ガルーダ>ホーク>コンドル

各人格について各々のヒロインがいてそのヒロイン達の立ち位置等が絶妙な塩梅。
個性というよりも雰囲気に入り込んでる感じ。
むしろヒロインよりも主人公の人格のバランスがかなりすばらしいと思う。


++音楽
ファルコンのテーマとフェニックスのテーマがかっこいい。
音楽自体もかなり良い物ばかりで良。
ただしボーカル曲はちょっと印象が薄かった。


++システム
スキップ機能というより既読シーンの章スキップがとにかく快適でプレイ時間とだれる時間を大幅に削減してくれる。各種の設定も可能でシステムとしては申し分なく、誤字脱字やボイス、立ち絵も目立たなかった。
フルウィンドウにした時にAlt+Tabで他プロセスに切り替えが出来ないのが難点。


++シナリオ
しっかり練られたシナリオだと思った。
それぞれの時間帯でそれぞれの活動があってそれぞれの物語を進めて最後は終結する。
素直に面白いと思える作品。
ただどのシナリオに対しても言えるが一つの人格になった後の他の時間帯をもっと濃厚に書いてほしかった。
たとえばイーグルでのホーク、ファルコンの時間とか。
結局エンディングの描写が今ひとつ物足りないとは感じた。
ギャグはそこまでなく、感動といえるものもそこまでないのだがとにかくやった後に面白かったと思える作品。

以下、愚痴

なぜに、、、なぜに、、、亜衣√がないんじゃああああああああああああ。
かわいそうすぎるだろおおおおおおおおお
Twitter
オススメランキング
レビューの総合点だけでなく記入後の付加点も加味した評価をS~Eで評価分け&ランキング形式で紹介
タイトルクリックでレビューページに飛びます。
評-評価点。全-全クリ済。レ-レビュー有。

タイトル
--神作品
BALRDSKYS
夜が来るS
--優作品
つよきすA+
車輪の国、向日葵の少女A+
AIRA
この青空に約束をA
G線上の魔王A
ウィーザーズクライマーA
るいは智を呼ぶA
真剣で私に恋しなさい!A
nega0A
失われた未来を求めてA
恋する乙女と守護の楯A-
パルフェA-
タペストリー 遥海A-
もしも明日が、晴れならばA-
KanonA-
Princess FrontierA-
--良作品
俺たちに翼はないB+
遥かに仰ぎ、麗しのB+
コミュ - 黒い竜と優しい王国 -B+
暁の護衛B+
うたてめぐりB+
装甲悪鬼村正B
スマガB
世界で一番NGな恋B
キサラギGOLD★STARB
あかね色に染まる坂B
ティンクルくるせいだーすB
Like a ButlerB
キミの声がきこえるB
青空の見える丘B
遊撃警艦パトベセルB
11eyesB
星空へ架かる橋B
さくらビットマップB
恋色空模様B
さくらさくらB
のーぱんつ!B
涼風のメルトB
さくらシュトラッセB
月染の枷鎖B
スズノネセブンB
ましろ色シンフォニーB
Signal HeartB
幼なじみは大統領B
さかあがりハリケーンB
ひだまりB-
夏ノ雨B-
メモリアB-
かみぱに!B-
明日の君と逢うためにB-
コンチェルトノートB-
キスと魔王と紅茶B-
--可作品
HoneyComingC+
オトメスマイルC+
ノストラダムスに聞いてみろC
さくらテイルC
てとてトライオンC
朝凪のアクアノーツC
普通じゃないッ!!C-
姫さまっ、お手柔らかにC-
--駄作品
明日はきっと、晴れますようにD+
夏空カナタD+
チアフル!D+
DistanceD+
PARA-SOLD
ラッキー×クロスD
----E
----E
----E
プロフィール
HN:
u1sky
年齢:
35
性別:
男性
自己紹介:
・好みの属性
ツンデレ、クーデレ、年上
・好みの声優
青山ゆかり、風音、かわしまりの、桜川未央
・好みのライター
丸戸史明、るーすぼーい、健速
・好みの絵師
和泉つばす、藤原々々
・好きなキャラ
カトレア、椰子なごみ
カウンター
応援バナー
Powered by : NINJA TOOLS  Designed by : u1sky
[PR]忍者ブログ/[PR]